憧れのちょうちん袖

あれは忘れもしない小学校5年生の時。 デパートで赤いチェックのパイピングが施された真っ白なワンピースに一目惚れ。 母を拝み倒してやっとの思いでGET。 帰宅して早速着てみるとちょうちん袖のボタンがしまらない~!!(汗) そう、私は子どもの頃からたいそう立派な二の腕保持者なのである。 でもそれ以来ちょうちん袖を着る機会もなく、家族全員が『立派な二の腕保持者』ということもあり、さほど気にすることもなく過ごしてきた。 しかし就職1年目の夏、男性同僚に「肩から足が出てるぞ」とキツい一撃。 改めて二の腕の太さを自覚した。 それ以来、揉み出しやサランラップ、バンテージなど色々試みたが結果が出ない。 美容整形に脂肪吸引の相談に行ってみたが、吸引だけでは皮膚のたるみが出て振り袖状態になるので皮膚切除も必要とのこと。 二の腕のサイズダウンは至難の技なのね(泣) 足立区 脱毛